Post

Palworld専用サーバーをDockerで建てた

パルワールド

パルワールドというARKっぽいゲームが急にTwitterで話題になりました。

なんか人気ゲーのいろいろな要素をおいしいところだけつまんできたかのようなゲームで、やってみるとなかなか面白いです。

専用サーバーを建てたい

このゲームはシングルプレイ以外にも4人までのマルチプレイと専用サーバー(Dedicated Server)を使用した32人までのマルチプレイができます。

TSiMやいつも入り浸ってるVRCのゲームサーバーでもサーバーを建ててくれと言われたので、専用サーバーを建ててみることにしました。

要件

執筆時点での要件は以下の通りです。

  • CPU: 4Core
  • Mem: 16GB↑ - 32GB↑
  • NW: 8211/udp

自分は自宅サーバーで盆栽をすることが趣味なので、この要件を満たしたサーバーを持っているので、それを使うことにします。

VPSやクラウドサービスなどを使用してサーバーを構築するのもよさそうですが、最低でも16GBはほしいのでサーバー代が馬鹿にならなさそうです。

いざ構築

公式で専用サーバーの構築方法を記述してくれています。これを参考にします。

大筋としてはSteamCMDを使用し、サーバーデータをダウンロードして必要な引数を渡して起動するだけでよさそうです。

自分はDockerを使ったコンテナでサービスを管理するようにしているため、Dockerコンテナを作りました。

Dockerコンテナのリポジトリ

JO3QMA / Docker-Palworld

慣れたものなので、適当にちゃっちゃっちゃとSteamCMDのイメージに必要な物だけ入れるDockerfileを作りました。

  1. リポジトリをクローンする
  2. 設定ファイルを書き換える
  3. docker compose up -dで起動する

で起動します。
詳しいこととかはリポジトリのREADME.mdに書いています。

おわり

いつも通り、Dockerで手抜きサーバー構築記事でした。

2つのサーバーを構築してると、RAMを48GB積んでてもアップアップですね・・・。
これ以上積むとなると今更DDR4 32GBモジュールに手を出さないといけなくなるので、結構アレ・・・。

逆にXeon草買ってきてメモリー大量に刺すほうがおいしいかも・・・。

コンテンツは CC BY-NC-SA 4.0 の下で利用できます。